キラハクレンズの使い方は?より効果的な使用方法もあわせて解説!

キラハクレンズの使い方は? デンタルケア
kirahacleans-tsukaikata

キラハラクレンズの使い方はとても簡単で以下の通りです。

  1. 封を開けます。
  2. そのまま口に含み、全身に行き渡らせます。
  3. 15秒ほどしっかりすすいでから、吐き出してください。
  4. 使用後の水洗いは不要で、歯磨き後に行うのがおすすめです。

より効果的な使用方法としては就寝前の歯磨き時に使用することをおすすめします。

就寝時は歯の黄ばみの原因となる細菌が繁殖しやすくなるからです。

本記事では「キラハクレンズ」の使い方やより効果的な使い方についてご紹介します。

キラハクレンズの公式サイトは、下記のリンクをクリックして、ご確認ください。
↓↓↓↓
すすいで歯が白く息キレイ!【キラハクレンズ】

キラハクレンズの使い方は?

冒頭でもお伝えした通り、キラハクレンズの使い方は簡単で、この項では少し詳しく説明します。

1包(8ml)の封を開けます。
キラハクレンズを直接口に含み、口の中全体に広げます。
15秒程度しっかりすすぎ、吐き出します。

キラハクレンズの使い方は簡単で、封を開けて直接口に含み、15秒間しっかりすすぐだけで使用後に水でうがいをする必要はありません。

キラハクレンズを忘れずに使いたい方、使い残しや汚れが気になる方は、「歯磨きの後」に使用することをおすすめします。

口に入れるときは、パッケージを直接口につけるので、パッケージの切り口や角で唇や口の中を切らないように注意しましょう。

キラハラクレンズの効果的な使用方法とは?

より効果的な使用方法としては、以下のような使い方があります。

1日の汚れを落とすことができる就寝前の歯磨き時に使用することをおすすめします

就寝時は口の中の唾液の分泌が減り、口呼吸で口の中が乾燥します。

歯の黄ばみの原因となる細菌が繁殖しやすくなります。

そのため、1日の口の中の汚れを落とすことができる「寝る前」に使用するのが効果的です。

使用時間やタイミングに制限はないので、いつでもキラハクレンズを使用することができますが、より効果的に使用したい場合は、寝る前の歯磨き後に使用するようにすると良いでしょう。

キラハクレンズの効果や成分は?

では、なぜキラハクレンズを使うと歯が白くなり、口臭予防になるのか、キラハクレンズの効果や成分についてご紹介します。

  1. 独自処方でホワイトニング3ステップ!?
  2. ①汚れを浮かせてごっそりと”洗浄”!

    歯の表面はなめらかなエナメル質で覆われていますが、歯の表面に汚れが残っていると、歯の黄ばみや口臭の原因になります。

    キラハクレンズ」は、色素分解酵素「ポリリン酸ナトリウム」を配合し、蓄積した汚れを吸着・浮遊させ、お口全体をしっかり洗浄します。

    ②歯の再石灰化促進で “白さチャージ”!

    歯の「エナメル質」を構成するカルシウムは、食べ物などの酸によって徐々に溶けていきます。
    このとき、唾液が口内を洗浄し、酸を中和してくれます。

    キシリトール」は糖質の一種で、唾液の分泌を促進し、歯を再石灰化させ、失われた歯の白さをチャージします。

    ③汚れの再付着を防ぐ「ホワイトニングコート」!

    強く磨くと歯の表面が傷つき、「エナメル質」の内側の薄黄色の「象牙質」が透けて見え、土台になってしまいます。

    キラハラクレンズ」には、歯の表面を均一にする「グリセロリン酸カルシウム」と、歯の表面をコーティングして着色を防ぐ「ポリリン酸ナトリウム」が配合されています。ポリリン酸ナトリウム」は、歯の表面をコーティングして、歯の表面に汚れがつきにくくします。

  3. ブラシが届かないお口の隅々まで浸透!
  4. 口に含み、15秒すすぐことで口の中全体に行き渡るので、歯ブラシが届かない奥歯など、口の中の隅々まできれいにすることができます。

    口臭予防成分でニオイもスッキリ!

  5. 除菌でニオイを防ぐ4つの成分!
  6. アラントイン

    アラントインは、歯ぐきの細胞を増やし、傷ついた細胞組織の回復を助けるとともに、歯ぐきの炎症を抑えて腫れを鎮める効果があります。

    また、抗菌・抗炎症作用があるため、細菌の増殖を防ぎ、消臭効果を持続させます。

    シメン-5-オール

    シメン-5-オールは、歯磨き粉だけでは落としきれない細菌を殺菌・洗浄し、口臭を予防する効果があります。

    別名「歯の漂白剤」とも呼ばれています。

    メントール

    メントールには抗菌作用があり、使用後は爽快感があります。

    ガムや歯磨き粉などの爽快感はメントールのおかげかもしれませんね。

    グリチルレチン酸

    グリチルレチン酸には抗炎症作用があり、歯周病予防が期待されます。また、歯肉上皮を強化し、歯周病菌の侵入を防ぐことで、健康な口内環境を維持します。

    ●6つの植物由来成分で口臭を予防。

    ビワの葉・ソウハクヒ・オウゴン・カミツレ花・ワレモコウ・ホップ

    これら6つの植物由来成分で保湿し、ニオイを防ぎます。

キラハクレンズの使い方のまとめ

キラハクレンズの使い方は簡単で、封を開けて直接口に含み、15秒間しっかりすすぐだけです。

すすいだ後は、水でうがいをする必要がなく、いつでもどこでも使えるので、においの強いもの、汚れやすいものを食べたときなど、状況に応じて使い分けができます。

この記事で紹介したように「寝る前の歯磨き後」に使うことで、これだけで効果的な使い方になります。

キラハクレンズについてもっと詳しく知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。
↓↓↓↓
新感覚!歯の美白革命【キラハクレンズ】

タイトルとURLをコピーしました