するポカの成分を詳しく説明!温活サプリ・菌活サプリの効果は?

するポカの成分を詳しく説明! その他の悩み

温活×菌活で、毎朝するっと!スッキリ!を目指すサプリメント『するポカ』。

するポカの主な成分は以下の通りです。

【温活成分】
・1日分の鉄分8.2㎎
・体の巡りをサポートする高麗人参&ヘスペリジン
・辛み成分で体を温める国産金時生姜&ヒハツ配合

【菌活成分】
・ビフィズス菌BB536が1粒に37.5億個配合
・ヒト由来のビフィズス菌を使用

するポカは、温活と菌活が同時にできるサプリメントです。

今回はするポカの成分について詳しく説明します。

するポカについて詳しく知りたい場合は以下のリンクをクリックしてください。
↓↓↓
特別な乳酸菌が20億個!温活×腸活で毎朝するっと【するポカ】

するポカの成分を詳しく説明

するポカは、冷えを改善することで体の働きを活発にする効果が期待できる「温活」成分と、体環境を整えて抵抗力を高める効果が期待できる「菌活」成分であるビフィズス菌BB536が配合されています。

するポカに含まれる温活成分は以下の3つです

・鉄分…成人女性が1日に必要な量8.2㎎(プルーン約80個分)が含まれており、体の巡りをサポートします。

・高麗人参&ヘスペリジン…高麗人参には「サポニン」が豊富に含まれており、ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、柑橘類の皮や白い筋に含まれています。

どちらも体の巡りをサポートする働きがあります。

・国産金時生姜&ヒハツ…辛み成分が一般的な生姜よりも多く含まれている国産の金時生姜と、辛み成分の一種である「ピペリン」が豊富に含まれているヒハツが温活をサポートします。

上記の温活成分に加え、菌活成分であるビフィズス菌BB536が1粒に37.5億個も配合されており、体環境を整える機能が報告されています。

ビフィズス菌BB536は森永乳業が特許取得済のヒト由来のビフィズス菌です。

他のビフィズス菌に比べて酸や酵素に強い特徴があり、生きたまま届きやすいとされています。

するポカの飲み方は?

公式サイトによると、1日分の目安量1錠を、水・またはぬるま湯での内服がおすすめとのことです。

そのほか指定はなく、空腹時でも食後でも、気にせずいつでもよいとのことです。

時間帯や食事の前後を気にすることなく、1日1錠内服するだけで温活と菌活が同時にできるのはとてもお手軽です。

するポカを最安値で購入するならココ

するポカは、公式サイト以外にも楽天などの通販サイトでも購入することができます。

するポカの価格について調べたところ、以下のようになっていました。

  • 公式サイト 980円(税込み、送料無料)
  • 楽天市場 5,038円(税込み、送料無料)
  • AuPAY 5,780円(税込み、送料無料)
  • Yahooショッピング 5,780円(税込み、送料無料)

上記を見ていただくとわかる通り、公式サイトでの定期コースでの購入が最安値で一番安く購入できます。

するポカの定期コースの価格は?

定期コースで購入した場合、通常価格4,758円のところ、82%OFFの初回980円(税込み)、送料無料となっています。

2回目以降もずっと通常価格より1,000円引きの3,758円(税込み)とかなり安く購入できます。

この定期コースは公式サイトのみの取り扱いで、このコースで注文した場合に限り45日間全額返金保証制度があります。

やっぱり合わないとなったら使用済みでも返金対応してくれるとのことなので、お試し感覚で始められます。

さらに、定期コースは回数の縛りなく、いつでも解約できるようになっています。

するポカ 温活×菌活が同時にできるサプリメントって?

現在は、昔に比べて基礎体温が0.5℃~1.0℃ほど低くなっている人が多いとされています。

特に女性は男性に比べ便秘傾向で悩んでいる方の割合が多いと思います。

また女性特有の生理痛の悩みや、年齢を重ねるにつれて更年期障害が気になる方も多いのではないでしょうか。

これらの症状は、体の「冷え」が原因で起こると言われています。

「冷え」は体の働きに悪影響を及ぼします。

基礎体温の低下から引き起こされる体の「冷え」が原因で、便秘・生理痛・更年期障害などさまざまな不調がひきおこされると言われています。

そこで今、低くなった基礎体温を適正の温度まで上げる「温活」が注目されています。

するポカは、温活成分に加えて腸内環境を整えるための善玉菌も含まれているため、温活と菌活が同時にできるサプリメントです。

温活商品に特化した信頼できる温活専門ブランド「アルポカ」から発売されています。

するポカについて詳しく知りたい場合は公式サイトをご覧ください。
↓↓↓
毎朝するっと、お腹スッキリ!【するポカ】

タイトルとURLをコピーしました